スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディスコミュージックが好きなのです

今回はディスコミュージック特集です。

以外にあれ、この曲知ってる。
なんてこともあるかも?






ディスコミュージック

実はAORほど、深くは把握していないのですが
1970年代ころに、ディスコと呼ばれる、
ダンスフロアでこよなく愛された、
乗りのよい楽曲達ということらしいです。


気がつけば、70年代や80年代の
洋楽がしっくりと、きてしまうグラファイトです。
音楽センス古いのかな^^;


2000年代後半の現在にあっても
このあたりのディスコミュージックが
テレビなどでよく耳にすることができます^^


ダンスミュージックでもあるので、
明るい曲が多く、聞いてると元気が出ます^^
また、そのリズム的に中毒性があるかも。。

ドライブミュージックとしてもよさそうですね^^










それでは、紹介に入ります。
曲名をクリックするとYoutubeにジャンプして
聞くことができます。




アース・ウインド&ファイアー/セプテンバー


もうディスコの定番ソングですね。
ディスコといったらやはり名前が挙がるのは、
アース・ウインド&ファイアーかと思われます。
このセプテンバーの歌詞も好きです^^
しかし、すごい衣装ですね・・・^^;



エモーションズ/ベスト・オブ・マイ・ラヴ


最近は、松田翔太さんらが出演する
ソニーのデジタルカメラのコマーシャルにて
この曲のカヴァーが使用されています。
特に最後の、サビとコーラスが大好きです^^



ヒートウェイヴ/ブギー・ナイツ


プロモーションビデオは、
Youtubeで探してはじめてみたのですが
衣装とダンスが、き、気になる・・・・。
なんだか、最後まで見たら洗脳されそうですね。。
Got keep on danceing keep on danceing
が最後まで、頭に残ります。



クール・アンド・ザ・ギャング/セレブレーション


こちらは、キャメロン・ディアスさん出演による
ソフトバンクのCMで
この曲のカバーが使用されていました。
ギター・エレピ・ブラスの兼ね合いがいいです。



シェリル・リン/ガット・トゥ・ビー・リアル


ディスコミュージックでは有名な方ですね。
このリズムを聞いただけで気に入りました^^
またシェリルさんは、なんと、
5オクターブもの音域を持っていらっしゃるそうで、
この曲でも、低いところから高いところまで、
遺憾なく発揮しています。



フィリップ・ベイリー & フィル・コリンズ/
イージー・ラバー


先ほど紹介した、アース・ウインド&ファイアーの
ベイリーさんとイギリスの歌手コリンズさんによる
デュエットになってます。
お二人とも、とにかく声が高いですね@@
ドタドタなるドラムと繰り返されるギターのフレーズが
病み付きになってきます。



カイリー・ミノーグ/ラッキー・ラブ


上戸彩さん主演の連続ドラマ
「暴れん坊ママ」の主題歌として、
mihimaru GTがカヴァーしています。
電子音を多用したサウンドとなってますね。



ダン・ハートマン/インスタント・リプレイ


ディスコの王道ともいえる、4ビートの軽快な
テンポとリズムに合わせて進むピアノと
存在感のを示すベースの音色が印象的です。







さてさて、ディスコミュージックは
どうだったでしょうか?

あ、ちなみに、私はディスコは聞くだけで
まったく踊れません・・・^^;



テーマ : 洋楽  ジャンル : 音楽

comment

Secret

ブログ内検索

リンク

FC2カウンター

RSSフィード

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

World-Word-翻訳

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。